最新記事一覧

伝えたい音を残す

マイク

インターネットで動画競争が繰り広げられる現代では音が重要になっています。そんな音を正確に録音するために録音スタジオを利用して見ましょう。録音スタジオを利用することで伝えたい音を取り出し、集中力を高める空間を使うことができるはずです。

詳しく見る

1分いくらの世界

部屋

録音スタジオを使ってナレーションを録音するなど、様々な目的で利用することは一般人でもあるはずです。ナレーションは通常、1分いくらというように決められています。また、録音スタジオを借りる費用も考えて予算を組みましょう。

詳しく見る

ナレージョン制作は業者に

女性

業者にナレーションを依頼する事で高品質な動画コンテンツを作製する事ができます。自分で録音スタジオへ行きナレーションを録音する方法もありますがその場合では知識が多少必要になります。業者に依頼する際には効果音やBGMを入れてもらえたり動画の編集作業を依頼する事ができます。

詳しく見る

セルフレコーディング

男女

セルフレコーディングスタジオを利用すれば、通常の録音スタジオではで出来ない楽曲の編集が行え更にエンジニアの依頼せずに済むのでコストが大幅に削減できます。動画内にナレーションを吹き込む際にも、マイクの配置や音力調整も個人で行えるので自由な録音ができます。

詳しく見る

ナレーションを入れる時も

男性

ナレーター手配をしようとするとき、直接手配する方法と録音スタジオに依頼するという方法があります。それぞれメリットデメリットがありますが、希望の声を使いたいのならばボイスサンプルなどで希望する声の雰囲気を確認しておくとよいでしょう。

詳しく見る

ナレーションを入れる方法

マイク

原稿作りをサポート

録音スタジオには色々な活用法があります。結婚式の撮影ビデオに本格的な音楽を入れたり、セリフを入れることができます。また海外旅行の記念ビデオにプロのナレーションを入れることもできます。録音スタジオによってはナレーターや声優と専属契約を結んでいる所もあります。そのような録音スタジオでは希望のナレーターや声優を紹介してくれますし、予算に見合った人材を選んでくれます。実際のナレーション収録作業も手慣れたスタッフが代行してくれるので、素人ビデオとは思えない良質の作品に仕上げることができます。ナレーションを上手につけるためには、あらかじめ原稿を用意する必要があります。録音スタジオによっては原稿の作成からサポートしてくれる場合があります。ナレーションというのはダラダラと長いのはだめで、短くて簡潔な言い回しが要求されます。素人では難しい原稿作りをサポートしてくれる録音スタジオを選べば、半分完成したも同じです。最近は企業なども自社宣伝の映像作品を作製することが多いですが、このような作品のナレーションも録音スタジオで入れることができます。企業イメージに合ったナレーターや声優を選ぶことができ、本格的な音響効果なども入れることができます。また海外へ宣伝ビデオを送る場合、現地の言葉でナレーションを入れることも可能です。例えば中国の取引先に送る時は中国のナレーションを入れることができます。このように海外との取引に必要な作品の場合、録音スタジオなら現地語のナレーションを吹き込んでくれます。